« 治承4年(1180)11月 「常陸国攻め、先陣の巧(一騎当千)を得る」 | メイン | 治承4年(1180)9月 「源頼朝ニ臣従、「ほやと向い鳩」の紋を賜ふ」 »

2006年04月07日

●治承4年(1180)10月 「富士川の合戦」

 以仁王の「令旨」は諸国源氏の決起を促し、9月17日には信濃源氏木曽義仲が挙兵し、10日には甲斐源氏武田信義・信光が挙兵した。 直実は、頼朝軍の一武将としてこの富士川に控えた。

 源平両軍は富士川を挟んで対陣していた。10月20日、武田軍が平家の背後に廻るため河口付近を渡ろうとしたとき、 その騒ぎに驚いた水鳥たちが数万羽飛び立った。これを大敵来襲と勘違いした平家軍は、慌てふためき逃げまどい、 壊滅状態に陥り敗走したのである。