« 「黒龍妙龍の井戸」 | メイン | 「野佛の径」 »

2006年04月04日

●「橙」

 その名の通り、色も橙色であり、夏みかんというよりははっさくに似た柑橘系の果物である。

 この橙という実木を見ると3種の実がなっている。小さくてまだ青い実、今が食べ頃なのかなと思えるような実、 そして少しばかり萎びて乾燥したような実。青い実は今年なり始めた実で、食べ頃の実は昨年夏になり始めた実、そして少し萎びた実は、 一昨年なり始めた実である。もうおわかりでしょうが、3世代の実が落ちずに同時になっています。つまり、親、子、孫と3代が常に一緒にいる、 転じてその家が代々繁栄する、といった縁起の良い者なのです。正月の鏡餅のうえに乗っているみかんも、本当は橙を乗せるのが習わしなのです。