2005年03月24日

●「マクロメディア FALSH MX 2004」

 フラッシュをトップページに導入したことは以前にもお話ししましたが、この度更なるバリューアップを画策し、マクロメディアの 「FLASH MX 2004」というソフトを購入しました。当寺院のHPのためは勿論、 実は同級生の住職からHP作成の依頼を請けたのがけっかけであったりします。 
 で、さっそくインストール。さてさて、いじくってみっかぁ・・・・・んっ?なんだこりゃー?使い方がてーんでわからない。 40を前にした私のカビだらけの脳細胞は、マニュアルだけではもはや理解不能。気が付くと、パソコンショップで解説書を読んでいる (正確には眺めている)私がいました。その名も「1週間でできるFLASH MX」!なんと素晴らしいタイトル、まさに私のためのご本です。 家に帰って、解説本通りにひとつひとつ、ゆっくりゆっーくりと・・・・・。途中でわからなくなりました。例題として挙げられている問題も?? ??


 もう一度、最初から始めました。基本は理解したものの、思い通りのフラッシュができるまでには1週間では到底無理。タイトルに偽りあり! 訴えてやる†!

 
 完成には、数ヶ月かかりそうです。ああ、昔はマニュアルなど見ないでい「いじくってりゃぁ何とかなるさぁ†」 とぶっつけ本番で処理していた若かりし頃が懐かしい。月日は百代の過客にして(そう出来たのは昔の話)、国破れて山河あり (放り出したソフト)、城春にして草木深し(頭の中は雑草だらけ)、おごれる者も久しからず(簡単だぁと思っていたのに)、 ひとへに春の夢のごとし(やめだやめだぁ!)。中国の詩と平家物語の言葉が頭の中を廻って廻って、飛んで飛んで。ふー。

 
 明日からまたがんばります。
 ぼやきばかりでもうしわけありません。

2004年07月09日

●「フラッシュ導入」

 今回、トップページにフラッシュを導入しました。「予告往生」、「念仏質入れ」、「上品上生の発願」、「東行逆さ馬」 などの奇譚の文字が流れ、「武州熊谷郷」との地名が跳び、「蓮生山熊谷寺」の名前がズズッとせり出してくる、 そんなフラッシュムービーですが、動作は重いでしょうか?
 
 以前、10年ほど前にこのホームページを立ち上げたとき、当寺のマスコットのレンセーくんが走り回るGIFアニメーションを使用したとき、 どこのどなたかわかりませんが、掲示板にて「重い」とか、「見てもらうためにはもっと工夫しないと」などとのご意見が書き込まれ、 またそれに対して、「そんなに重くないよ、あんたのPC環境のせいじゃないの」などという反論意見も書き込まれ、 侃々諤々したときがありました。
 
 若かりし当時の私は「ムカッ」ときて、「表示が遅くてご不満な方はこちらへ」との文字のみの別メニューまで作ったりしました。あー、 恥ずかしい。当時、2400で接続していたわたしのペンティアム100のPCでストレス無かったのですから、問題ないと思うのですが・・・。
 
 
 で、今回のフラッシュはどうでしょうか?当方の回線環境はADSL40M(といっても実質7Mほどです)ですので、微妙なところです。 ご意見ご要望等、お寄せ下さい。もう、若くない私ですので、当時のように「ムカッ」とはしません。ご安心して、 何なりと掲示板にご記入下さい。

2004年05月09日

●「使えるフリーソフト」

 今回は、「使えるフリーソフト」と銘打ち、私のPCに入っているフリーソフトをご紹介しましょう。くだらんものもありますが、 有益なものもありますのでご参考ください。
 
 
アーカイバ関連
 いわゆる圧縮解凍モジュールです。LHA、ZIP、UNLHA、 UNZIPはもちろんのことUNRAR、 UNCABくらいのDLLファイルはインストールしておきましょう。以前、 いけないファイルを扱っていたときにわたしはTurboZipという総合圧縮解凍ソフトをつかっていました。 パスワードに日本語が利用できるので重宝しました。あくまでも、若かりし頃のことです。わたしは、 モジュールしかインストールしていませんが、現在は1つのソフトでいくつもの種類の圧縮解凍ができるソフトがありますので、 それを利用するのもよいでしょう。
 
インターネット関連
 ダウンロードにはIrvineを利用しています。開発はストップしていますが、これですと、 登録しておけば勝手にDLしてくれるので便利です。同様のソフトで、ReGet、GetRightなどありますが、 これらにはスパイウェアが混入されていますので避けた方が無難でしょう。
 
 検索には、Googleツールバーを使っています。 IEのメニューに組み込まれますので邪魔にはなりませんし、ポップアップ広告の遮断機能もついています。検索を利用しなくても、 うざったい広告の遮断には有益です。
 
 ホームページのまるごとDLには、GetHTMLをお勧めします。これですと、 トップページを登録すれば、その下までまるごと引っ張ってきてくれます。階層の深さも指定できますので、 余分なページまでDLしてしまうことはありません。
 
 ホームページ閲覧の際の細かいツールには、IE PowerToyを使用しています。IE4.0用ですが、 IE6.0でも問題は無いようです。現在、マイクロソフトのサイトにはおいてありませんので、どこからか見つけてください。
 
マルチメディア関連(動画)
 動画の再生には、MediaPlayerClassicがお勧めです。 現在のMP9のように重くはなく、軽快な動作をします。日本語版も出ましたので、是非お使いください。
 
 動画のコーデックには、最低でもDivX、XviDの2つはインストールしておきましょう。これで、 ほとんどの動画は再生可能なはずです。MPEG2のコーデックについては、 ソフトウェアDVDプレーヤーがインストールされていれば問題なく再生できます。
 
 また、それでも再生ができない、といった場合にはコーデックを調べる必要があります。 私は真空波動剣Lightを使用しています。これですと、簡単にコーデックを調べることができます。
 
マルチメディア関連(音楽)
 音楽ファイルのコーデックは何と言ってもMP3です。 LAME午後のこーだをお勧めします。 午後のこーだは自分でコンパイルしなければなりませんので、不安なかたはLAMEをお使いください。もっとも、 MP3関連のソフトをインストールしている場合は必要ありません。
 
 ネットから落とした音楽ファイル、最近よく見かけますね。単一のWAVファイルやMP3ファイルでしたら、 そのまま音楽CDを焼くことができるのですが、CD1枚が1つのMP3ファイルの場合、困りますよね。こんなとき、 Rip!AudiCO FREEを使います。 このソフトはMP3ファイルやWAVファイルの相互変換ソフトです。また、WMAにも変換できます。大きなWAVファイルに変換した後は、 Sound EngineFreeを使って、曲の切れ目ごとにマークをすれば、 簡単に分割保存してくれます。これを焼けば、立派な音楽CDの完成です。さらに懲りたい方は、 前出のGoogleツールバーにてジャケット写真をイメージ検索するとよいでしょう。完璧な自己流CDの完成です。
 
マルチメディア関連(DVD)
 DVDのバックアップには、DVDshurinkをお勧めします。 CSSの解除キーも同胞されていますので、これでバックアップできないDVDはまずないでしょう。 片面2層のDVDを圧縮する機能もありますので、画質を気にしなければ(といってもテレビで見る分にはその差はわからない) これほど便利なソフトはありません。時間は1枚25分くらいです。わたしは、これでDVD焼き焼き猿になってしまいました。
 
 さらに、一歩進んでDVDからMPEG2ファイルを抽出したいとお考えのあなた、いいソフトがありますよ。 フリーウェアのみで行うとかなりの手間が掛かりますので、ここは市販ソフトを買ってしまいましょう。 ホロンから発売されているMpegEncoderです。このソフトを使えば、実再生時間ほどで (1Gで1時間くらい)好きなサイズ、好きなビットレートのMPEG2ファイルを作成してくれます。便利ですよ。抽出は、 寝る前にセットしておきましょう。
 
マルチメディア関連(キャプチャ)
 お金が無くて、カノープス製品を買えない、という方は、ふぬあぁがお勧めです。さまざまなコーデック (動画、音声)でのキャプチャが叶姉妹です、もとい、可能です。無圧縮でキャプチャするのが、画質や扱いの点で一番いいのですが、 いかんせんファイル容量が膨大になります。HDDに余裕が必要です。面倒くさいから、カノープスのMTVシリーズを買ってしまいましょう。
 
エディタ関連
 これは、Windows付属のノートパッドでも構いません。が、更なるパワーPCマニアを目指すなら、 秀まるエディタを使いましょう。このソフトは有料ですので、料金はちゃんと払いましょう。
 
セキュリティ関連
 現在、PCにおけるセキュリティの意識は高い必要があります。私のPCには、 市販のウィルスバスターとともに、、スパイウェア削除用にSpybot-Search& Destroyをインストールしてあります。WEBを巡っていると思いもよらないクッキーを食べることとなりますので、 欠かせない一本でしょう。
 
仮想CD
 CDの仮想化には、 CD-ManipulatorDermon-Toolを使います。 CD-Manipulatorは現在開発が終了してしまいましたが、alpha-ROM以外はほぼイメージの作成が可能です。 イメージ化したCDファイルをDermon-Toolで仮想化することとなります。当初、何も知らない私は、 Alcohol-120%という市販ソフトを購入しました。こちらは、 イメージ化と仮想化が簡単に一緒にできますので、お勧めします。私のレッツノートにはCDドライブが無いので必要不可欠です。

2004年05月01日

●「私のお蔵入りソフト」

 好評を博しました(?)前回の「私のお薦めソフト」に続きまして、今回は日の目を見ずに忘れ去られたソフトたちをご紹介しましょう。 以下、すべて私財を投じたソフトです。
 
六角大王・・・・・・つい3ヶ月ほど前のことです。当寺院ホームページのマスコット「レンセーくん」 が3Dでゴリゴリ動くのが見たいとの衝動がムクムクと。「やっぱ、これからはポリゴンの時代だわさあ」などと店頭で即決、購入。で、 チャレンジすること数回、1ヶ月後にはオークションにて売りさばいている自分に気がつきました。 38にもなると新しいことはできないのでしょうか?
 
デイジーアート・・・こちらは1ヶ月ほど前の話です。ホームページのタイトルを金文字にしたい! そんな衝動で購入。が、なぜか初心者向けに作られたナビメニューに四苦八苦。マニュアルを読まない主義の私に、 こんなに使い勝手の悪いソフトはないとのレッテルを貼られ、即座にアンインストール。以来、お蔵入り。部屋の隅に投げ出されたまま。
 
ピクチャーギア・・・サムズプラスのバージョンアップが遅かったせいもあり、浮気。しかし、 如何せんソニーのソフトは使い勝手が悪い。しばらくすると、開発打ち切りの手紙が・・・。「ええい、そんな奴はこっちから願い下げだあ。」 というわけでお蔵入り。それでも捨てられず、引っ越しの際の梱包の中に入ったまま5年が過ぎている。
 
WinProducer・・・・MPEGファイルの編集のために購入。が、 当時の非力なMyパソコンでは動作が緩慢で、使用に耐えず。当然、オークションにて売却。
 
五郎・・・・・・・・・・ジャストシステムのデータベースソフト。ACCESSに敵わずにお蔵入り。 現在押し入れの中で冬眠中。ちなみに、ジャストシステム自体もバージョンアップしていない。
 
DVD MoveiWriter・・・DVD WORKSHOPの弟分。 自由のきかないメニュー作成に不満が募り、WORKSHOPに鞍替え。当然、オークションにて売却済み。でも、 初心者にはとってもいいソフトですよ。
 
Power Producer・・・・こちらもMPEGファイルの編集のために購入。が、 何となく気に入らないのでお蔵入り。1万5千円もしたけど2千円で売却。ふー。
 
Acrobat・・・・・アドビ製。PDFファイルの作成ソフトです。でも、 なんかつまんなかったのでお蔵入り。オークションでとある会社に落札されました。
 
 この他にも、たくさんのお蔵入りソフトがあります。みなさんもありますよねぇ。実際に使ってみて「こんなの違うっ」て叫ぶこと。 そんなときは、早々に見切りをつけて、さっさと売ってしまいましょう。そうそう、一応何かの時のためにバックアップはとっときましょう。

2004年04月03日

●「私のお薦めソフト」

 久方ぶりのパソコン日記、みなさんその後いかがでしょうか?ここ2,3年のPC事情の変化は激しいものですね。 OS自体はそれほどの変化はないのですが、周辺機器等の進歩はすざましいものです。そこで、 今回は私の利用しているソフトの紹介をしましょう。
 
一太郎・・・・・言わずと知れたMSーWORDと並ぶ国産ワープロソフトです。 この一太郎を選んだ理由は、縦書きの必要性があったからです。Ver.3以来使い続けています。一太郎に関しては、 住職の方が使いこなしています。
 
花子・・・・・・・製図図形ソフトです。一太郎との兼ね合いでこちらもVer.2から使っています。 主として、墓地図の制作に利用しています。当然ですが、それ以外に使うことはありません。
 
三四郎・・・・・表計算ソフトです。これまた一太郎との兼ね合いでVer.1から使っています。一時、 ロータスに移行した時もありましたが、またこちらに戻っております。圧倒的なシェアを誇るEXELとは違い、 こちらもまた裏技的な使い方ですが、縦書きの表が作成できますので重宝しています。
 
ACCESS・・・・データベース作成ソフトです。ジャストシステムの五郎ではなく、 この分野のみマイクロソフト帝国に屈しました。当方作成の寺務管理ソフト「JIM2004」もこのソフトで作成したものです。もっとも、 JIM2004の方は機能的なバージョンアップはストップしたままで、アフターサポートもない状況です。 どなたか合同で改良してくださる奇特な方はいらっしゃらないでしょうか?なお、 当方は現在ACCESSの使い方はほぼ忘れてしまっております。
 
ホームページビルダー・・・ホームページ作成ソフトです。以前はHotalを使っておりましたが、 発売元が吸収合併されて、存在していない状態が長らく続いたため、こちらへシフトしました。ストレスなく使うには、 1Ghz以上のパワーが必要です。
 
TrueImage・・・・・Acronis発売のHDバックアップソフトです。以前は、 ネットジャパンのDriveImageを使っていましたが、差分バックアップや隠しドライブなどの機能に引かれ浮気しました。現在、 こちらが本妻となっております。
 
 以上が、日常的に使用しているソフトです。つまり、お寺の経費にて購入したソフトです。以下は、私が私財をなげうって(?) 購入したソフトをご紹介致します。
 
DVD WORKSHOP・・・・・DVDオーサリングソフトです。2万円以上する高価なソフトです。 CSやBSなどで録画した番組をキャプチャーして、このソフトでDVD化しています。最新のVer.2では、 コピープロテクトを付加する機能などがついています。定価は6万円ほどですので、迷っています。ですが、 物欲モードに入った私を誰も止めることはできないことでしょう。たとえ、妻が冷ややかな目をしていても・・・。
 
サムズプラス・・・・・画像や動画のビューワです。Ver.1から使い続けています。 多くの画像を扱う場合に重宝します。妻はカメラマニア(といってもやたら構わず写真を撮りまくるだけ)ですので、 デジカメのメモリはあっという間にいっぱいになってしまいます。しょーもない画像を削除するのに便利です。
 
PhotoSHop・・・・・言わずと知れたフォトレタッチの最高峰アドビのソフトです。 社会人で給料をもらっていた時に購入したとはいえ、決断には時間がかかりました。これでできないものはないというくらいのものですが、 そこまでの機能は使い切っておりません。
 
WinCDR・・・・・・・・CDおよびDVDの焼き焼きソフトです。一時neroに浮気しましたが、 やっぱりこれが一番使いやすいです。Be'sRecorderなんてナンパなものは使いません。男はだまってWinCDR!
 
FileVisor・・・・・・・・ファイル管理ソフトです。 エクスプローラはどうも使いにくいというあなた、一度お試しください。お金を払う価値のあるソフトです。Windows3. 1時代からの愛用ソフトです。
 
PartitionMagic・・・HDDのパーティションを切り直すソフトです。 HDDの整理整頓が趣味の私には必要不可欠な一本です。
 
MpegCraft・・・・・・・いわゆるMPEGファイルの編集ソフトです。 MPEG1も2も扱えますので、非常に利用度の高いソフトです。キャプチャマニアには必須です。
 
ウィルスバスター・・・・トレンドマイクロ社から発売されている総合セキュリティソフトです。 使い始めて3年になります。あらゆるウィルスを検出退治してもらっています。 昨年のクレズや一月前くらいのネットスカイなど対応はばっちりでした。なにせ1日に7,8件のウィルスメールが来るもので、大変です。
 
Fether X・・・・・・・・・カノープス製品に添付される動画キャプチャソフトです。 非常に便利です。私のカノープス至上主義は当分崩れないことでしょう。
 
以上、ざっとですが、有償ソフトをご紹介しました。

1999年02月13日

●「Windows98にする?」

 みなさん、Windows98使ってますか?私は先月、ようやく98にしました。新しもの好きな私が、 良く今までバージョンアップしないでいられたものだ、と自分で褒めてやりたいくらいです。
 
 昨年暮れに買い替えたレッツノートは当然98がインストール済み、寺のパソコンは95仕様、DTM専用のエプソン機は3.1で、 更にDOSを使っている始末・・・。DOSは兎も角として、3.1が現役の方は割と多いのでは・・・?
 
 当方作成の寺務管理アプリケーション「JIM99」を載せるアクセス95は、Windows98と相性が悪い!いや、 当方の環境だけかも知れないのだが、アプリを作っている身としては我慢できない。JIM99のバージョンアップも遅れに遅れている。
 てなわけで、Windows98を一部導入したとともに、JIM98もアクセス97専用となった。
 なにが、バージョンアップされたのか?
なんのことはない、ロゴがJIM98からJIM99へ、年忌表クエリーの年号を1足しただけ。それで、バージョンアップのつもりか! 追加機能はないのか!そんな声が聞こえてきそう・・・。でも、許して下さいネ、とっても忙しいの (^_^;)。
 

 
寒くて寒くて、スキーにも行けない?・・・。

1998年07月12日

●「パソコンと時の流れは早い!?」その2

 その後の私のパソコン歴は、PC386AU2(i386SX/25)、PC486MU2GW(i486SX/33)と、 NECのPC互換路線をまっしぐらでした。ところが、この路線から乗り換えるのにうってつけのパソコンが登場したのです。
 ♪ムービン、トゥー、ヂ、アプティーバー♪、と奇妙な踊りのCMで印象に残っておられる方も少なくないかと思いますが、 IBMのAPTIVA720(i486DX4/100)です。15インチCRTも付属して、20万円、これは安い! 飛びついたのは言うまでもありません。何と言っても、あのIBMです。腐ってもIBMです(不適切な発言をお詫びいたします)。人から 「何使っているの?」と尋ねられたとき、「IBMです。」と答えるのは、なんと素敵でさわやかなことでしょう。やっぱり、 パソコンは本家本元のIBMに限る。IBM以外はパソコンにあらず。そんな得意げな顔をして使っていたものです。
 
 しかし、CPU高速化という時代の流れには逆らえず、Windows95のブームも私にとっては向かい風となってしまい、 1年足らずで友人に売却し、IBM史上主義者であったはずなのに、自作パソコンに手を出してしまいました。思えば、ここからが、 私のパソコン貧乏の始まりであったのかもしれません。メーカー製と違い、自作パソコンはビデオカードだけ交換アップグレードしたり、 パーツを付け足すなんてことが簡単にできるのです。次々と新しい物が欲しくなるのは寺の人間とて代わりません。 デパートでおもちゃを欲しがる小さい子となんら変わりません。ましてや、会社に勤めていて給料をもらっているのですから、 子供より財布の中は潤っています。そうです、パソコン雑誌を読んだり、パソコンショップでウィンドウを眺めていると、「いいなあ、これ」 「欲しいなあ」、「買っちゃおうかなあ」などと、私の物欲モードはいきなりトップギアに入ってしまうのです。
 
 P5/100、HDD540Mで始まった自作パソコンは、K5/166、K6/200、そしてM2/300、HDDにいたっては8. 9Gにも膨れ上がっています。もちろん、フルカラープリンタ、スキャナ、PD、光ディスク、CD-RW、 そしてビデオチャプターカードとひとそろえあり、最近LANも導入しました。
 さらに、移動の多い私はノートパソコンまで購入。最初に買ったSHARPのメビウス(P5/120)は重くて肩こりに悩まされました。 そこで、パナソニックのLet'sNote(P5/150)に買い換え、 現在はさらに軽いLet'sNoteMini(P5/120MMX)を使っています。 Miniは最近P5/166MMXの最新版が発売されましたが、それも私の物欲モードに油を注ぐにたるものです。
 
 これだけ「パソコンは早さが命だ」と思っている私ですが、初めて購入したPC386GE3はいまだに処分できずに押入の中に眠っています。 なんか、捨てられないんですよね。どなたか、可愛がって下さる方がいらっしゃればお譲りしたいと思っているのですが・・・。

1998年07月02日

●「パソコンと時の流れは早い!?」

 暑い日が続きますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
 ところで、このページをご覧になっているということは、インターネットをしているということで、少なからずも(失礼) パソコンを操作しているということになりますよね。
 
 そこで、今回はパソコンについてお話ししたいと思います。

 
 私のパソコン歴ですが、かれこれ7年ほどになります。インテルの386から486への移行期からです。当初は、 日本のパソコン界はDOS/Vではなく、NECによるPC98の独壇場でした。ところが、パソコンは高い。NECのPC-98DA (386sx)で40万円以上でした。そこで私はNEC互換のEPSONのPC386GE3を20万円ほどで購入しました。 20万円っていったら大金ですよね。就職してボーナスでの購入でした。独身のときでしたので、買えたようなもので、 今ではもうちょっと無理かも・・・。
 
 HDDはなく、3.5インチFDD×2、5インチFDD×1のいかにも玄人っぽい仕様でした。5インチFDD搭載機を選んだのは、 当時の雑誌の付録には5インチFDが多かったからです。FD1枚200円もした時代ですから、付録のFDとて粗末にはできなかったのです。
 もっとも、うちの住職がワープロをし始めた頃は、FD1枚1,500円ほどしたそうですが。
 
 そうこうしているうちに、プリンタ、HDDと買い揃えていきました。HDDはSCSI外付け40Mで4万9千800円でした。今や、 同じ値段で10G以上の者が買えるというのに・・・。時の流れは早いものです。