1998年07月12日

●「パソコンと時の流れは早い!?」その2

 その後の私のパソコン歴は、PC386AU2(i386SX/25)、PC486MU2GW(i486SX/33)と、 NECのPC互換路線をまっしぐらでした。ところが、この路線から乗り換えるのにうってつけのパソコンが登場したのです。
 ♪ムービン、トゥー、ヂ、アプティーバー♪、と奇妙な踊りのCMで印象に残っておられる方も少なくないかと思いますが、 IBMのAPTIVA720(i486DX4/100)です。15インチCRTも付属して、20万円、これは安い! 飛びついたのは言うまでもありません。何と言っても、あのIBMです。腐ってもIBMです(不適切な発言をお詫びいたします)。人から 「何使っているの?」と尋ねられたとき、「IBMです。」と答えるのは、なんと素敵でさわやかなことでしょう。やっぱり、 パソコンは本家本元のIBMに限る。IBM以外はパソコンにあらず。そんな得意げな顔をして使っていたものです。
 
 しかし、CPU高速化という時代の流れには逆らえず、Windows95のブームも私にとっては向かい風となってしまい、 1年足らずで友人に売却し、IBM史上主義者であったはずなのに、自作パソコンに手を出してしまいました。思えば、ここからが、 私のパソコン貧乏の始まりであったのかもしれません。メーカー製と違い、自作パソコンはビデオカードだけ交換アップグレードしたり、 パーツを付け足すなんてことが簡単にできるのです。次々と新しい物が欲しくなるのは寺の人間とて代わりません。 デパートでおもちゃを欲しがる小さい子となんら変わりません。ましてや、会社に勤めていて給料をもらっているのですから、 子供より財布の中は潤っています。そうです、パソコン雑誌を読んだり、パソコンショップでウィンドウを眺めていると、「いいなあ、これ」 「欲しいなあ」、「買っちゃおうかなあ」などと、私の物欲モードはいきなりトップギアに入ってしまうのです。
 
 P5/100、HDD540Mで始まった自作パソコンは、K5/166、K6/200、そしてM2/300、HDDにいたっては8. 9Gにも膨れ上がっています。もちろん、フルカラープリンタ、スキャナ、PD、光ディスク、CD-RW、 そしてビデオチャプターカードとひとそろえあり、最近LANも導入しました。
 さらに、移動の多い私はノートパソコンまで購入。最初に買ったSHARPのメビウス(P5/120)は重くて肩こりに悩まされました。 そこで、パナソニックのLet'sNote(P5/150)に買い換え、 現在はさらに軽いLet'sNoteMini(P5/120MMX)を使っています。 Miniは最近P5/166MMXの最新版が発売されましたが、それも私の物欲モードに油を注ぐにたるものです。
 
 これだけ「パソコンは早さが命だ」と思っている私ですが、初めて購入したPC386GE3はいまだに処分できずに押入の中に眠っています。 なんか、捨てられないんですよね。どなたか、可愛がって下さる方がいらっしゃればお譲りしたいと思っているのですが・・・。

1998年07月02日

●「パソコンと時の流れは早い!?」

 暑い日が続きますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
 ところで、このページをご覧になっているということは、インターネットをしているということで、少なからずも(失礼) パソコンを操作しているということになりますよね。
 
 そこで、今回はパソコンについてお話ししたいと思います。

 
 私のパソコン歴ですが、かれこれ7年ほどになります。インテルの386から486への移行期からです。当初は、 日本のパソコン界はDOS/Vではなく、NECによるPC98の独壇場でした。ところが、パソコンは高い。NECのPC-98DA (386sx)で40万円以上でした。そこで私はNEC互換のEPSONのPC386GE3を20万円ほどで購入しました。 20万円っていったら大金ですよね。就職してボーナスでの購入でした。独身のときでしたので、買えたようなもので、 今ではもうちょっと無理かも・・・。
 
 HDDはなく、3.5インチFDD×2、5インチFDD×1のいかにも玄人っぽい仕様でした。5インチFDD搭載機を選んだのは、 当時の雑誌の付録には5インチFDが多かったからです。FD1枚200円もした時代ですから、付録のFDとて粗末にはできなかったのです。
 もっとも、うちの住職がワープロをし始めた頃は、FD1枚1,500円ほどしたそうですが。
 
 そうこうしているうちに、プリンタ、HDDと買い揃えていきました。HDDはSCSI外付け40Mで4万9千800円でした。今や、 同じ値段で10G以上の者が買えるというのに・・・。時の流れは早いものです。