1998年08月20日

●「盆施餓鬼法要 南無阿弥陀仏と称える時間がない?」

 おかげさまで、今年のお盆・お施餓鬼法要も無事終えることができました。檀信徒のみなさまには心よりご感謝申し上げます。

 
 さて、今年は法要の前に法話といいますか、前説といいますか、そのような話を行いました。恥ずかしながら、当山に取りましては、 実に数十年ぶりのことです。奇しくも、今年のお棚経では、この「お盆・お施餓鬼とはそもそも何なのか?」という質問が多かったため、 改めてお檀家さんの前でご説明することにしたわけです。
 ご先祖さんを供養する、餓鬼に施す、といったことはご存じでしょうが、それ以上のことをご存じの方は残念ながら多くなかったようです。 ですが、この現状は当山の歴代ともども我々の責任であり、まことにもって恥ずかしい限りです。
 
 その内容はさておき(内容については来年以降の法要にご参加ください)、当初10分の予定が15分ほど話してしまい、なかには 「話など早く終わりにして法要を始めたら」とおっしゃっていた方もいらしたようです。お急ぎなのは十分わかるのですが、 法要さえ終わればよい、というように思えてしまいますし、もう少し心にゆとりを持たれたら、とも考えてしまいます。

 
 最前列に座られて、同唱十念をされているお檀家さんも少ないながらいらっしゃるのに、浄土宗信徒でありながら「南無阿弥陀仏」 の一言さえも言う時間がないというのは、本当に嘆かわしいことです。阿弥陀様の光は常にこちらに届いているとはいっても、これでは・・・ と思うとなんとなく哀しくなります。

1998年08月17日

●「お盆・お施餓鬼の心構えと本質」

 日増しに暑さが加わって参りました。お檀家の方々には、お元気でいらっしゃると思います。本年度は原点に立ち返り、 お盆とは何なのか?お施餓鬼会とは何をしたら良いのか?ということについて少々お話しさせていただきます。

 平成十年度の施餓鬼法要前にお話しさせていただいた生活上の実例を挙げてではなく、本来のお盆・ お施餓鬼会の意義に沿って進めさせていただきます。


   お盆の意味

 今年もお盆の季節がやってきました。真夏の暑い日に、亡き人が我が家を訪れる。仏様の里帰りの日です。 お盆の語源はウラバンナというサンスクリット語です。漢字にしますと盂蘭盆、それを縮めてお盆となったのです。
 お盆の供養は餓鬼道(後述)におちているかもしれない先祖の供養のためともされています。

 お釈迦さまの十大弟子のひとりである目連さんの母親もそんな世界で苦しんでいました。目連さんは、餓鬼道で苦しむ母親を救うため、 お釈迦さまの教えに従い、十方の僧たちを招いて供養したのです。その結果、母親は餓鬼道から救われたとされています。 その母親を思う孝養の心が今日まで伝わり、現在の盆行事となっているのです。 欲しい欲しいという欲望の世界はこの現実世界であり、 満足することを知らない心、施すことを知らない心、私たち自身が餓鬼道におちることがないように、心して生きよ、 とお盆行事は教えていると言えます。


   お盆のあゆみ

 日本のお盆が初めて営まれるようになったのは、日本書紀によると、推古天皇の時代からからとなります。
平安中期になると、「蜻蛉日記」、「枕草子」にも盆行事が記され、「今昔物語」にも紹介されています。鎌倉時代になると、「吾妻鏡」、 「明月記」にも記され、室町時代になり、盆踊りによる供養が行われ始めたようです。また、 施餓鬼会もこの頃から広く行われるようになったようです。


   お盆の期間

 全国的には八月の中頃が多いようです。もちろん、当寺のある熊谷もこの時期に行っています。しかし、都心の一部では七月の中旬、 また地域によっては八月の下旬や九月になってから、というところもあるようです。
 経典からしますと、七月に行われる行事ですが、この七月は旧暦の七月でして、新暦に直せば八月ということになります。 このように月日がまちまちになったのは、収穫期やその地域の事情によるためのようです。
 古来より、お盆は正月と共に日本の二大行事とされ、盆正月と呼ばれるほど我が国の重要な国民的行事として今日まで伝承され、 今なお各地で盛んに行われています。
 私たちを養い育ててくれた両親や、ご先祖様へ感謝する日でもあるわけです。


   お盆を迎えるにあたって

 前年のお盆以後に亡くなった人の霊を初めて迎えるお盆のことを新盆(にいぼん、あらぼん)、若しくは初盆(はつぼん)といいます。 新盆は普段のお盆よりお供えを盛大にしたり、親戚や個人と親しかった人が提燈や燈籠を贈るならわしがあるところもあるようです。

 また、当寺では八月十三日から十四日までの二日間に渡り、お棚経にお伺いできるよう準備しておりますので、 新盆に限らず通常のお盆のお檀家様もお申し込み下さるようお願いいたします。(時間や人員に限りがありますので、 ご希望のお檀家様はお早めにお申し込み下さい。)
 

 

1998年08月13日

●「熊谷陣屋」公演開催

 来たる9月26日(土)、27日(日)の両日、蓮生山熊谷寺開山法力蓮生法師忌の一環として、 小鹿野歌舞伎および熊谷歌舞伎のみなさまによる「熊谷陣屋」が公演されます。

 なお、入場券につきましては申し訳ございませんが、すべて配布済みとなっております。又、 お問い合わせ等のお電話はご遠慮下さるようお願いいたします。
 
                                                                                     合掌

1998年08月12日

●「お盆・お施餓鬼の由来」

 その昔、お釈迦様の十大弟子の一人に目連という神通第一といわれる人がいました。 彼は自分母親が滅後はきっと極楽浄土で暮らしているだろうと思っていたわけです。ところが、その神通力で母親を捜してみると、 驚いたことに餓鬼の世界で苦しんでいたのです。
 
食べ物を食べようとすると口の中で火になり、水を飲もうとすると、これもまた火になってしまう。目連はこれを見かね、 母親を助けるにはどうしたらよいかをお釈迦様に尋ねたわけです。
 
 お釈迦様がおっしゃるには、この先あるところで修行をしている者たちに施しをしなさい、また今は亡き修行者たちを供養しなさい、 とのことでした。お釈迦様の言われるとおりのことをすると、目連の母親は餓鬼道から救われたのです。

 
 戦中・戦後の混乱期や、それ以前の時代われわれ、またはわれわれの先祖代々は、飢饉や干ばつなどの食糧不足という、 まさに餓鬼道と似たような世界を経験しているはずです。ですから餓鬼に苦しむ亡者たちの苦しみも理解できるはずです。
 
 お盆には先祖代々の霊の供養と併せ、飢え苦しむものたちに施す慈悲の心を備えていくことが大切なのです。