2004年10月28日

●「熊谷寺開山報恩会(特別開門)を終えて」

 このホームページをご覧いただいている皆さまはご存じの通り、当寺院は10月21日、25日、 27日の3日間に渡りまして平日特別開門を実施しました。
 
 大方は成功といってよろしいのではと思いますが、ひとつ問題がありました。
 2日目の25日午後2時半ころ、多くの方々が喜んで帰られた一方で、「宝物も見せないなんて、うわっつらだけだ。 自由に見られない。」などと大声で批判して帰られる方をお一人見かけたのです。
 
 
 しかし、私(副住職)としましては致し方無いことと考えております。当寺院は観光収入(御札や御守り、参拝料の収入が多くを占める) を目的としている観光寺院ではありません。お檀家のみなさまの為の、 またお檀家のみなさまのよって支えられている、先祖の報恩に感謝し、手を合わせる場所なのです。 もちろん参拝料もいただいておりません。ほとんどの方々がそれなりにご満足されたようですが、 もっともご不満であったとしても境内でそういったことをおっしゃる方はそう多くはないと思いますが、 どうしてもそういった方はいらっしゃるようです。案内ボランティアの方には不快な思いをさせてしまい本当に気の毒に思います。
 もっとも、このような方は、たとえ宝物から何まですべてお見せしても何かしら言って行かれるのでしょうから、仕方の無いことと思います。 鼻から報恩に感謝する気持ちが無いのですから。
 
 
 こういったことがありますと、平日開門・解放なんてとんでもないという話になってしまいます。 お檀家のみなさまのほとんどは一般開放には否定的なのが実情ですから。寺務に従事する者として相応しくない言葉ですが、 「通常は寺務に当てる時間を割いて境内への入山を請けたにも関わらず、どうしてそんなこと言われなきゃならないのだろう」 といった気持ちも出てきてしまいました。

 とは言ってみたものの、恥ずかしいですねぇ。まだまだ修行不足です。ご批判・ ご不満は改善点として次にこういった機会がありましたら、活かしていきたいと思っております。これ以外につきましては、 ほぼ問題なく終了したと考えております。
 
 
 文化連合の高野会長さまをはじめ、熊谷寺案内ボランティアの皆さま方には、 事前に5回にも渡りまして蓮生法師(熊谷直実)及び熊谷寺についての講義を受けていただき、なおかつ3日間とも参詣者のご案内していただき、 誠にありがとうございました。

2004年10月27日

●「熊谷寺開山報恩会(特別開門)報告」

 10月21日、25日、27日の3日間に渡りました熊谷寺特別開門も本日で終了となりました。 境内の案内等にご尽力・ご協力いただきました文化連合の高野会長さまをはじめ、 熊谷寺案内ボランティアの皆さま方に感謝申し上げます。
 
 
 3日間を通じまして、当寺住職による講話には総勢170名を超える皆さまがご参加され、 当寺開山熊谷法力房蓮生法師ならびにその師匠である浄土宗開祖法然上人の御遺訓「一枚起請文」についての話を講聴されました。また、 熊谷寺案内ボランティアの説明を受けた方は総勢400名を超えました。

 

2004年10月20日

●「位牌と開眼」

●位牌
 ご位牌は49日までに仮位牌(白木の位牌)から本位牌(黒い位牌もしくは繰出し方式の板位牌)に作り替えます。 黒位牌のご依頼は各家で仏具店等にお願いして下さい。
 
 
 
●開眼
 49日法要の際に、お位牌の開眼をいたします。法要の当日にお持ち下さい。また、本位牌の作成が間に合わない場合や、 事前に開眼をご希望の場合は、ご連絡いただければその都度対処させていただきます。

2004年10月19日

●「特別開門」

 すでに新聞等でご存じの方もいらっしゃると思いますが、さいたま国体の開催期間中の3日間のみですが、当寺院を平日開門いたします。 日程等は下記表をご覧下さい。
 
 
 なお、受付は中央公民館にて行い、10名ほどお集まりになった時点でボランティアガイドの方々が説明をさせていただきながらご案内します。 時間は30分くらいとなります。また、当寺住職による講話の受付は当寺院にて直接行います。
 
 
    講話    参拝時間
10月21日(木)  午後2時†午後3時
(受付:正午†午後1時30分)  正午†午後3時30分
(受付:中央公民館)
10月25日(月)  午前11時†正午
(受付:午前11時30分†正午)  正午†午後3時30分
(受付:中央公民館)
10月27日(水)  午前11時†正午
(受付:午前11時30分†正午)  正午†午後3時30分
(受付:中央公民館)

2004年10月12日

●「長野仏導寺」

 

 

 

 

2004年10月09日

●「熊谷えびす大商業祭期間における一般参詣」

 10月末より熊谷商工会議所・観光協会・商店街連合会主催によります「熊谷えびす大商業祭」が開催されます。 この大商業祭における催し物等につきましては各主催事務所等にお問い合わせ下さい。
 
 当寺院では、11月3日(祝)の一日間のみですが、一般参詣のため開門させていただきます。なお、 午前中はお檀家さまの法要がございますので、勝手ですが正午12時より午後3時半ころまでとさせていただきます。
 なお、ご参詣にあたりましてはご入山の際にご記帳くださるようお願いいたします。 ご芳名は当寺本尊証拠阿弥陀仏前に奉納させていただきますのでご了承ください。。
 
 
一 般 参 詣 受 付
 
 
期 日        平成16年11月3日(祝)
時 間        正午12時†午後3時半ころ
 
*これ以外の参拝はお受けできませんのでご注意ください。

2004年10月04日

●「開山忌会奉修」

 昨日10月3日、当寺本堂にて三代目若松若太夫氏により説教節浄瑠璃が奉納されました。
 
 
 秋雨というあいにくの天気にもかかわらず、総勢173名の檀信徒のみなさまおよび一般の方々のご参列をいただき、 誠にありがとうございました。
 また、三代目若松若太夫さま、他若松会のみなさまには準備等行き届かないことのあるなか、熱心にご奉納いただき誠に感謝しております。
  
  
  説教節奉納後には、戒壇廻りが実施されました。 ご参列のほとんどのみなさまが極楽浄土への往生を願い、阿弥陀さまと結縁しました。