« 「布教とは」 | メイン | 「開山忌会奉修」 »

2005年09月30日

●「粟生野光明寺」

 本日9月30日、西山浄土宗総本山粟生野光明寺のみなさまがご来寺されました。
 
 
 光明寺は、長岡京市西山のふもと、粟生広谷にあり、開山法然上人、開基熊谷蓮生法師とされています。 光明寺では平成19年に蓮生法師800年遠忌法要を計画されています。当寺の800年遠忌法要が平成18年であるのと違うぞ、 と思われる方もいらっしゃると思います。『法然上人行状絵図(四十八巻伝)』では、 蓮生法師は武州熊谷の地にて予告往生を遂げたとされているのに対して、『吾妻鏡』では、この翌年に京へ上り、 往生を遂げたと記されています。当寺は前者の説えをとり、光明寺は後者の説をとりました。それ故、 1年のずれが生じているわけです。
 
 いずれにしても、800年のうちの1年にそれほどの大きな意味があるでしょうか? 法然上人とともに蓮生法師が広めた念仏の教えの前においては1年のことなどどうでもいいような気さえします。むしろ、 光明寺と当寺との両方で800年大遠忌法要に参加できる、千載一遇のチャンスを2度も経験できる、と喜ばしいことではないでしょうか。
 わたしは、恥ずかしながらこの光明寺にお伺いしたことがありません。当寺の大遠忌前に是非とも参詣させていただきたいと思っております。