« 「粟生野光明寺」 | メイン | 「浄青ソフトボール大会優勝!!」 »

2005年10月03日

●「開山忌会奉修」

 昨日10月2日、当山開山法力房蓮生法師799年遠忌会が奉修されました。
 
 開山忌法要に続いて檀信徒別回向、佐藤一美氏によるオカリナ奉納演奏、法話会、そして戒壇巡り、との次第でした。

 オカリナ奉納演奏では、佐藤一美氏並びに小針寛史氏、 BYR01121雅仁氏の3名によるセッションによって、「川の流れのように」や「直実節」など約1時間に渡って演奏し、 本堂内に心地の良い響きを奏ででおりました。

 また、その後の法話会では、深谷市東源寺副御住職押野見孝道上人、寄居町西念寺御住職齋藤隆雄上人、 本庄市圓心寺御住職石田祐寛上人の3人に20分づつ続けてお話ししていただきました。
 1人あたりの時間も制限されたため、各上人様たちにはお話ししづらかったことと思いますが、快くお引き受けいただき、 心より感謝申し上げます。

深谷市東源寺副御住職/押野見孝道上人 寄居町西念寺御住職/齋藤隆雄上人本庄市圓心寺御住職/石田祐寛上人

 来年平成18年には、法力房蓮生上人往生800年の大遠忌を迎えます。具体的な計画は未定ですが、この開山忌に併修するかたちで、 浄土宗埼玉教区主催の「お念仏のつどい」や「宗祖法然上人と弟子蓮生法師の800年ぶりの御対面」などが挙げられています。

 例年同様、申し訳ございませんが、 檀信徒のみなさまや各御寺院にご協力をお願いすることになると思います。800年忌というように100年に一度の遠忌ですので、 次の900年忌にはわれわれは間違いなく参加することはできません。それ故、この800年というときに立ち会えるご縁を大切にし、 阿弥陀さまの念仏のありがたさ、宗祖法然上人のみ教え、そして関東に最初に念仏を広めた蓮生法師の恩に感謝し、 われわれもお念仏をお称えしていこうと思っております。