2006年05月25日

●「納税のすすめ」

 確定申告をした。期限際になってである。これには理由があり、実は平成14年度会計でミスをしてしまって、 その修正申告に明け暮れていたからである。法人税、法人県民税、事業税、そして法人市民税の4税金、通常は確定済み未払い分を翌期に支払い、 P/L上では損金に計上するのであるが、税金算出の場合は損金から控除した上で計算するのである。が、 うっかりして控除し忘れてしまったのである。よって、平成14年度の修正、以後玉突き的に15年度修正、16年度修正、 17年度修正となったわけである。そして、この間違いが完全にリセットされるのは18年度終了後である。あと1年後、気が滅入る。 私は計算が苦手な訳ではない、数字に抵抗はない、いやむしろ好きである。大学時代に簿記1級をとり、 さらに税理士を目指したこともあった(就職したので、いつの間にかその気は消滅)。でも、それは昔・・・。 単純な間違いをしてしまったのである。企業会計士なんかになって、どこぞの大会社でこんなことしたら、とんでもないことに・・・。よかった、 数千円というレベルの金額で。でも、よかったなんて言うのはいけないことです。ミスはミスなんですから。これから気をつけなければ。

 で、何故お寺が税金?と思われた方も多いでしょう。ご説明しましょう。通常宗教法人は非課税です。この理由は、 公益性の高い法人であるから、とのことです。さらに非課税対象については、宗教活動により発生する対価、とあります。 お布施などがこれにあたります。では、なぜ納税をするのか?それは、宗教活動とは別に、駐車場経営をしているからなのです。 駐車場経営による収入は宗教活動によるものではありません。10数台ほどの規模ではありますが、規模の大小は関係ないのです。 1台でも駐車場として貸し、お金を取っていたら、これは立派な収益事業なのです。前出の4税の総額は、収入のほぼ半分となります。 結構高いんです。もし、駐車場経営をお考えなら、 単純計算で年額7万円を越す収入がなければ赤字となります(地域差もあるため確かではない)。是非、ご一考を。
 なかなかご存じないと言いますか、勘違いされていることに、われわれ寺の人間(住職やその家族)も非課税と思われている点があります。 確かに宗教活動は非課税対象ですが、われわれの給料は当然ながら課税対象です。サラリーマンや自営業者と同じです。所得税、健康保険税、 年金保険税、養老介護保険税など、ちゃんと納めています。会社と同じですので、お寺のお金を自由には使えません。これをしてしまうと、 金額にもよりますが詐欺罪や横領罪、果ては背任罪まで適用されてしまいます。ときどき、 住職と総代とでもめ事が起こってるなんてことを聞いたりしますが、こんな理由の場合も少なくありません。

 お寺は檀家さんのもの、檀家さんからの預かっているものであり、われわれ僧侶が檀家さんの代わりにこれを守ってるのだ、 こういった意識を常に持っていることが肝要ではないでしょうか。

 

2006年05月16日

●「西光寺熊谷堂落慶記念 花まつり法会」

 5月14日午後より、当寺を会所として西光寺(川端住職)熊谷堂落慶記念花まつり法会が勤められました。DSCN2144

土曜日から降り始めた雨も朝にはあがり、午後からは爽やかな五月晴れとなりました。100人ほどの参加者がみられ、 全日本仏教会理事長里見達人上人にご講話いただき、花まつり法会、そして懇親会とすすみました。

 

 

 

 

2006年05月13日

●「お念仏のつどい(併修、蓮生法師800年遠忌、法然上人御影像御巡錫)」

 昨日、深谷にて浄土宗第4組総会が開かれました。これに先立ち、「お念仏のつどい」(併修、蓮生法師800年遠忌、 法然上人御影像御巡錫)の準備委員会会議が執り行われました。
 以前から少しずつお話ししておりますように、今秋、当寺開山法力房蓮生法師(熊谷直實公)がご往生されまして800年となります。 従来の開山忌と異なり、100年に一度のことですので当初は盛大にとの話もありましたが、原点に帰り、 蓮生法師のお念仏に対するひたむきさを全面にアピールすることとなり、余興等は行わず、総本山知恩院様より宗祖法然上人の御影像をお迎えし、 蓮生法師と今生での800年ぶりのご対面をしていただくこととなりました。こ「の蓮生法師800年遠忌法」要と「法然上人御巡錫法要」 に併せまして「お念仏のつどい」を開催させていただきます。また、当日はこの800年遠忌を機としまして作成した「熊谷寺御和讃」並びに 「蓮生法師御詠歌」の2曲の発表もさせていただきます。この和讃は、恥ずかしながら私副住職が作詞させていただいたものに、 浄土宗吉水流詠唱の祖松涛基道上人に御作曲いただいたものです。
 この御和讃・御詠歌を奉納しますとともに、開山蓮生法師の念仏行者としての姿勢、またこのお念仏のすばらしさ、 ありがたさをみなさまと分かち合うことができたらと考えております。

 総会につきましては、議事も滞りなく進み、その後の懇親会では、T岡上人のホタル宣言が飛び出すなど、和気藹々と懇親を深めました。

 

2006年05月09日

●「ナイターテニス」

 2004年夏の「早朝テニス」から、はや1年9ヶ月。この5月より「ナイターテニス」を始めました。 なぜこのブランクかと言いますと、抽選に外れたんです。いや、抽選以前の問題です。2004年秋の「ナイターテニス」、 申込開始日の翌日に担当部署へ行きましたが、定員オーバーで受付終了でした。2005年春、 受付開示時刻の9時を10分ほど過ぎた頃に担当部署へ行きました。が、また定員オーバーで受付終了でした。さらに、同年秋、 9時ちょっと前に行きました。61番目、ん?定員は60人でした。

 そして、今春、受付場所がスポーツ運動公園に変わり、車で8時45分に到着。すでに、長蛇の列が・・・。

 

 結果、・・・・。 56番目でした。フゥー。

 

 で、連休も終了間近の5月6日、第1回の「ナイターテニス」が開催され、当然のことながら参加しました。今回もまた、 筋肉痛にならないように、力をセーブしながら、汗もかかないように、・・・。いえ、これでは運動をしようと思っていたのに趣旨が違います。 そう思っていても、やり出すと、つい動いてしまうんですよ。で、案の定、腕はパンパンで、足もボワーッとした状態。翌朝は、 腕と足がだるくてだるくて、自分の手足では無いかのような状態。で、翌々日はなかやまきんにくん、いいえ、筋肉痛となりました。

 以上、私の連休の仕上げでした。m(..)m