2008年08月26日

●「わくわく探検隊」

 8月26日、熊谷市社会教育課主催の「熊谷次郎直実(蓮生)探検隊」が開催されました。あいにくの雨空でしたが、 21名の小学生のみなさんが集まりました。

 熊谷直実公ではなくて熊谷蓮生であることが重要なのだということ、 なぜお念仏に一所懸命であったのかなど拙僧の話をお聞きいただいた後には、写経ならぬ「東向逆さ馬」の写図、 そしてこの写図の奉納の際には、みんなで木魚をたたきながらのお念仏といったものを体験していただきました。

 以前熊谷市内の歴史箇所をめぐるというスタンプラリーというものがありましたが、 いつの間にか無くなってしまっていて残念に感じたことがありました。この「わくわく探検隊」の企画は是非続けていっていただきたい、 そう感じた1日でした。

 

2008年08月16日

●「盆施餓鬼会厳修」

本日、無事大施餓鬼会法要を厳修させていただくことができました。

今年は日本一を記録した昨年に比べ過ごしやすい送り盆となったのではないでしょうか。とはいいましても、 4時頃から降り始めた雨は轟音と稲光を伴い、今もまだ降り続いています。涼しくなるのはありがたいのですが、用水路は氾濫して道路は冠水し、 一度乗った車からは出られない状態です。夕方からお墓参りに行かれたお檀家さまにおかれましてはさぞや大変であったことかと思います。 どうか風邪などひかれないようにお気を付け下さい。

さて、本年の法要では初めて散華をさせていただきました。 散華とは仏を供養するために仏前に花を撒き散らす作法です。また、仏さまにおいでいただくのですから、その場を清め、 きれいに飾るといった意味もあります。事前の説明が不十分であったため反省しておりますが、 このお華はお持ち帰りいただいて結構なものです。 仏さまに確かにおいでいただいたという証拠となるものとお考えいただければと思います。

また、法要にご参会いただきました檀信徒の方にはお線香をお配りさせていただきました。ほとんどの方にはお配りできたかと思いますが、 ご用意させていただきました340束をすべて配り終えましたので、法要に参会された方以外にも少しはお配りすることができたかと思います。

先代の跡を継ぎ、最初の盆施餓鬼会法要でしたため至らぬ点も多く、お腹立ちの方も多々いらっしゃるかと思いますが、 檀信徒の皆さまのために心からお勤めさせていただく所存でおります。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

2008年08月02日

●「墓地東側塀工事完了」

 長らく墓参の皆さまにご迷惑をお掛けしておりました当寺東側の垣根ですが、すべて撤去し、 ブロック及びフェンス塀への取り替え工事が完了しました。