2012年12月29日

●「深夜11時の侵入者」

昨日、深夜11時数分前のことです。
寺務室にて残務処理をしていると、
「ゴロゴロッ」とお寺の門が開くような音が・・・
「ん?」と違和感を感じるやいなや、犬の吠える声が・・・

窓から外を見ると、誰かが入ってきているじゃないですか。
でも、この時間に連絡も無く訪れる人は尋常ではありません。
しかも、2重に閉めてある門を開けて・・・

懐中電灯を当てると、驚いたように立ち止まり、Uターンして逃げるように門から出て行こうと・・・
門から出て10数メートルのところでその初老の男性に追いつき、顔を見るとびっくりです。
先日12月16日のお昼2時過ぎに、法事を終えたお檀家さんの出入りに紛れて境内に入ってきて、立入禁止と書かれた看板の目の前の垣根の柵を乗り越えて本堂に侵入しようとした人と同じ人でした。
そのときは、「参拝だ」と言い張っていましたが、わざわざ自転車を境内敷地の遠く端のほうに隠すように駐めていたことからも普通の参拝の人とは違いました。
賽銭泥棒や空き巣などの物取り犯罪者がとる特有な行動なのです。

そのときの初老の男性がまた・・・
しつこいというか執念というか、いい年をして呆れるばかりです。

こういった方は、どのような人生を送られてきたのでしょうか。
このようなことをしながら生まれてきた訳ではないでしょうない・・・
少しでも心を入れ替え、人に胸を張れる一生を送っていただきたいものです。

2012年12月06日

●「今年も皇帝ダリアが咲きました」

20121206c本年も皇帝ダリアが無事咲きました。
夏場の台風で一度倒れ、どうにか復活するも、ここに来ての強い風の影響で、何本かは曲がってしまいましたが、寒い中を元気に花を咲かせました。

一番キレイな時期を逃してしまってさえない写真になってしまいましたことお許し下さい。

.