2014年10月01日

●「大本山善光寺大本願ご法主 御巡教(併修 お念仏のつどい)」奉修

CIMG4565 去る平成27年9月29日、浄土宗大本山の善光寺大本願のご法主鷹司誓玉台下が当山にてご巡教されました。

ご巡教とは総大本山のご門主・ご法主が檀信徒に浄土宗の教えを伝えるために全国の寺院を巡られるもので、200名ほどの檀信徒がつどい共にお念仏を称えられました。

 

CIMG4606 鷹司台下は法要の後、直前に発生した御嶽山の噴火災害についてご推示されたのち、お数珠で檀信徒の頭を撫でて功徳をお授けになる「お数珠頂戴」が行われ、参加者は南無阿弥陀仏と称えながら頭頂にお数珠を頂戴し、結縁した有り難さに感謝されました。

 

また、御巡教奉修につづいて勤められた「お念仏のつどい」では、本庄市長福寺ご住職が、当寺開山熊谷蓮生法師の善光寺との深い係わりなど、ご縁というものについてご法話されました。